元洋食屋コック 赤いライジングスターのおいしいご飯の作り方

栄養士・調理師免許を持っている元コックの赤いライジングスターがおいしいご飯の作り方などをご紹介いたします。スマートニュースにもレシピ掲載されました。

ちぢみほうれん草が美味しい!!ほうれん草と舞茸のすまし汁の作り方

f:id:liverpool-premium:20190109154622j:plain

赤いライジングスターです。

本日はほうれん草と舞茸のすまし汁です。

ちぢみほうれん草は年末年始ごろに手に入る期間限定のほうれん草です。

寒い風にに耐え抜いたほうれん草は旨さが凝縮し、とっても濃厚なほうれん草になります。

下記写真のとおり葉っぱの部分が縮んでいますね。

この美味しさを活かすためすまし汁にしました。

素材そのものの味を楽しむことができます。

f:id:liverpool-premium:20190109155138j:plain
f:id:liverpool-premium:20190109155052j:plain

【材料】2人前 

ちぢみほうれん草・・・適量 土が葉や根についてるのでザブザブ洗う。

舞茸・・・・・・・・・1パック 手でさく

水・・・・・・・・・・400cc

a)

ほんだしの素・・・・・小さじ2

薄口醤油・・・・・・・少々

塩・・・・・・・・・・小さじ1/3

 

 

f:id:liverpool-premium:20190109155010j:plain
f:id:liverpool-premium:20190109154937j:plain
f:id:liverpool-premium:20190109154826j:plain
f:id:liverpool-premium:20190109154737j:plain


【作り方】

①鍋にたっぷり水(分量外)を入れて火にかけ沸騰したら塩(少々・分量外)を入れて、ほうれん草を茎から煮て、しばらくしたら葉の部分も入れ、茎の部分が柔らかくなるまで煮たら、ザルに上げて冷水で冷ます。

②ほうれん草の水気を絞り食べやすい大きさに切る。

③鍋に水と舞茸を入れて火にかけて沸騰したら灰汁をとり、a)を加え味を調える。

④お椀に②のほうれん草をお好み量入れて③を注ぎ入れ出来上がり。

 

 ※ポイント①

ほうれん草を茹でる時に塩を入れて茹で、冷水で冷ますことで鮮やかな緑色になります。

※ポイント②

ちぢみほうれん草は普通のほうれん草よりは日持ちしますが、痛む前に茹でてタッパーで保存しておきます。

下記写真右側のようにタッパーにキッチンペーパーをしきほうれん草を並べておくと4~5日持ちます。しばらく使わないときはラップをして冷凍庫で保存しましょう。

f:id:liverpool-premium:20190109160646j:plain



 

下記のバナーポチッといただけると励みになりますww


レシピブログに参加中♪

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村