元洋食屋コック 赤いライジングスターのおいしいご飯の作り方

栄養士・調理師免許を持っている元コックの赤いライジングスターがおいしいご飯の作り方などをご紹介いたします。スマートニュースにもレシピ掲載されました。

簡単!!絶品!!親子丼の作り方/レシピ

f:id:liverpool-premium:20190519084354j:plain

卵がふっくらトロッとした 親子丼が食べたい。。

親子丼は無性に食べたくなるシリーズのひとつだ。

大きめの一口大に切った鶏肉を甘辛いタレで煮込み卵を絡めればできるのだが、美味しく仕上げるポイントがある。

タレは煮詰まらないように鶏肉を弱火でじっくり煮る。

火が通ったら軽めに溶いた卵を回しかけ蓋をし中強火で1分ほど煮ると、白身の部分がぷっくり膨らんでくる。

更に1個目より良く溶いた卵を回しかけ蓋をして半熟状になったらご飯の上に乗せる。

サランラップなどをかけてしばらく蒸せば出来上がりだ。

しばらく蒸すことでしっとりと味が馴染む。

定食屋などで食べると蓋つきの丼ぶりで出てくるのはこのためだ。

ふっくらトロトロに仕上がった文句なしに美味しい親子丼を召し上がってほしい。

 

【材料】1人前

ご飯・・・ 160gくらい

鶏もも肉・・・ 100g 食べやすい大きさに切る

卵・・・ 2個

玉ねぎ・・・ 1/8 薄切り

長ねぎ・・・ 5cm位 斜め薄切り

三つ葉・・・適量 2~3cm幅に切る

 

 a)

麺つゆ(2倍濃縮) 水 50cc:麺つゆ50cc

※丼ぶり濃度にしたもの100cc 

 

注)下記 鶏肉と長ねぎは2人分です。

 

f:id:liverpool-premium:20190519085114j:plain
f:id:liverpool-premium:20190519085304j:plain
f:id:liverpool-premium:20190519085348j:plain
f:id:liverpool-premium:20190519085501j:plain
f:id:liverpool-premium:20190519085542j:plain
f:id:liverpool-premium:20190519085617j:plain

【作り方】

①18cm幅のフライパンに鶏肉、玉ねぎ、長ねぎ、a)を入れて火にかける。

※親子丼専用の鍋があれば使ってください。

②鶏肉を途中返しながら、中火で4~5分ほど煮て具に火が通ったら卵1個 軽く溶いたもの回し入れて蓋をし1分ほど中強火位で煮る。

③残りの卵1個を良く溶き回し入れて、蓋をし少し煮て半熟状になったら火を止めご飯の上に乗せる。

④丼ぶり用の蓋かラップをして2~3分くらい蒸してできあがり。

 

※ポイント①

卵は最初の1個はあまり溶かずにいれることで白身がふっくらします。2個目は1個目よりも溶いて入れて軽く煮ることで、1個目の卵と合わさり半熟状に仕上がりトロトロになります。

※ポイント②

卵を入れたら時々フライパンを揺らして卵がフライパンにくっつかないようにするとご飯に乗せる時スライドさせやすいです。

また丼ぶりは幅が広めの物の方が乗せるとき綺麗に仕上がります。

※ポイント③

卵の硬さはお好みで硬めが好きな方は、③で長めに煮てください。

※ポイント④

丼ぶりに盛ったあと丼ぶり用の蓋かラップをして蒸らすことで、味が馴染みしっとり美味しい親子丼になります。

 

f:id:liverpool-premium:20190519085832j:plain

 

下記のバナーポチッといただけると励みになりますww


レシピブログに参加中♪

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村