元洋食屋コック 赤いライジングスターのおいしいご飯の作り方

栄養士・調理師免許を持っている元コックの赤いライジングスターがおいしいご飯の作り方などをご紹介いたします。スマートニュースにもレシピ掲載されました。

ビーフシチュー 市販のルーにひと手間かけると、もっと美味しくなるよ。

f:id:liverpool-premium:20181225195949j:plain

 

市販のビーフシチュールーでいつもより美味しく食べたい。。。

市販のビーフシチューのルーでも十分おいしいく作れるが、さらにひと手間かけると美味しくなる。

 

まずは玉ねぎをじっくり炒めておく。

あめ色になるまで焦がさずじっくり炒めることで旨味が凝縮する。

 

そして塩、胡椒をした牛肉を強火で焼き、焼き色が付くまで焼くことで旨味を閉じ込める。

それでも肉汁は出てしまうので、焼き色がついたころに、フライパンについたこの肉汁を赤ワインでフランベし溶かし出して煮汁と一緒にすることで旨味を逃さずいただける。

 

煮る時に使う水にはコンソメの素をいれて、野菜が柔らかくなるまで煮る。

野菜からでる旨味とコンソメがあわさり旨味がアップするのだ。

この煮汁とフランベした肉汁をあわせて圧力鍋で牛肉を煮る。

 

圧力鍋の蓋をし15分も煮れば肉は十分柔らかくなる。

シュッシュッと圧力鍋が勢いを増す。

まるでSL機関車のようだ。

この働きが肉をホロホロにしてくれるのだ。

15分経ったら火を止めてしばらく冷ますと圧力が抜け蓋を取ることができる。

ルーを溶かし入れ、トロミが出るまで弱火で煮込み、煮た野菜を入れしばらく休ませておく。

あとは食べる時に少し温めればできあがりだ。

 

牛肉とシチューをスプーンですくい口の中に運ぶ。

「うまい!!ホロホロとろとろ肉旨だ!!」

シチューには肉の旨味、野菜の旨味がたっぷりコクがしっかりついている。

野菜も下茹でしとくことで柔らかくシチューに絡んでおいしい。

少しだけ手間をかけてまたこの作り方でビーフシチューを作りたい。

 

 

【材料】2人前

※市販ルーの説明書きどおりで良いです。

牛肉かたまり肉・・・説明書きどおりの分量 塩、胡椒をふる。

じゃがいも・・・1~2個 食べやすい大きさに切る 

人参・・・1/2本 食べやすい大きさに切る。

ズッキーニ・・・1/2本位 食べやすい大きさに切る。 ※無くても可

玉ねぎ・・・1/2~1個 薄切り

水・・・野菜を煮るため市販のルーのレシピの量より気持ち多くする。

コンソメの素(顆粒)・・・大さじ1位 ※固形なら1個

赤ワイン・・・大さじ1~2位 ※無くても可

 

 

f:id:liverpool-premium:20180708162741p:plain
f:id:liverpool-premium:20180708162747p:plain

【作り方】

①じゃがいも、人参 ズッキーニをコンソメで煮る。

②玉ねぎをフライパンでじっくり炒め一旦取り出す。

③牛肉を全面写真くらいしっかり焼き、赤ワインでフランベし香りをつけをしたら、赤ワインと共にに圧力鍋にいれる。

④②と野菜を煮たコンソメ(煮汁)を圧力鍋に入れて15分煮て冷まし圧力を抜く。

⑤圧力が抜け蓋が開くようになったら、火を止めてルーを溶かし入れしばらく煮て火を止め、煮た野菜を入れてしばらく休ませておく。

⑥食べる時に温めてお皿に盛る。

 

 

※ポイント①

肉をフランベしてフライパンについた肉の旨味を溶かしだします。その溶かし出した汁は一緒に圧力鍋にいれましょう。ワインがないときは、肉を一旦取り出し、フライパンを火にかけたままコンソメの汁をお玉1杯くらい入れると、ジュワーという音ともに旨味が溶け出てきますので、そのまま圧力鍋にいれましょう。

 

※ポイント②
※煮た野菜はに煮崩れてしまうので、火を止めた後に入れておくことで十分です。

 

下記のバナーポチッといただけると励みになりますww


レシピブログに参加中♪

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村